北九州市八幡西区で頭痛・腰痛・肩こりに痛くない優しい整体くわはら和合整体院

痛くない、安全性の高い「身体に優しい施術」を行います。安心して受けられる安全な療法です。

くわはら和合整体院

ホーム ≫ 院長ブログ ≫

慢性的な腰痛の特徴の1つ「大腰筋の緊張」

こんばんは、北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体院長の桒原です。


寒い日々が続きますね肩こりや首痛、ぎっくり腰で悩まれてる方はいませんか?


今日は慢性的な腰痛の方の特徴の一つの歪みについておはなししたいと思います。


当院にも慢性的な腰痛で来院されてる方がおられますが、その腰痛の原因の一つに大腰筋の緊張が多くみられます。

大腰筋とは胸椎、腰椎から大腿骨の小転子までの筋肉の事で、この筋肉の左右のどちらかが極度に緊張してるケースが多々見られます。

これらの緊張は日常の生活の中でなんらかの癖がありそれが原因で緊張するという場合があります。

例えば座ってる状態の時に左右どちらかに重心をのせて座っているという癖がある人、このような人が長時間車の運転をされたり、デスクワークで仕事中はほぼ座ってる状態が続けば十分歪みの原因となります。

そしてこの歪みが癖になりますと大腰筋の左右のバランスが崩れて慢性的な腰痛やその他の不調に繋がったりします。

当院もここ最近の慢性的な腰痛の方で左右どちらかの大腰筋が極度に緊張してる方がおられまして施術で大腰筋を緩めて緊張をとるだけで施術後に腰痛が無くなったというケースがありました。

このように腰痛と大腰筋の関係はかなり深いものだと僕は思っています。だから慢性的な腰痛だけでは無くぎっくり腰で来院される方も大腰筋の施術は大事だと思っています。


皆様の座っている状態はどうですか、左右均等に体重は乘っていますか?


身体の不調で悩まれている方、くわはら和合整体院にいつでもご相談下さい。

2018年02月05日 18:42

ぎっくり腰で来院のはずが・・実は

こんにちは北九州市八幡西区くわはら和合整体院院長の桒原です。

早いものでもう年が明けて一か月がたちました。

今日はぎっくり腰で年末に来院した患者様の事でお話し致します。

この患者様は80代の女性の方で年末にぎっくり腰になったと言われて来院されました。

当初歩行も困難で付き添いの方と来られて話を聞いてみれば年末に物を取ろうとして台から落ちて尻もちをついたようなんです。
その時の痛みから一週間くらい寝たきりで生活していたら腰が段々と痛くなり起き上がりや歩行にまで支障が出るようになったそうなんです。

整形外科で診察を受けるも骨は異常なしと言われ痛み止めの薬を出されたようですがこれがまた効かないらしく当院をホームページでみかけて来院されました。

痛みは当初腰椎の四番、五番くらいの左側にあり、最初の施術で筋肉の緊張をとり、施術後には左側の腰の痛みがほぼ無くなっていて立ち上がりや歩行も楽になり喜ばれました

自分的にはぎっくり腰では無く、台から落ちた時の痛みを庇って生活していたから出来た身体の歪みからか、一週間寝込んでて筋肉が弱ったのが原因で左の腰に痛みが出たものと思いました。

しかし施術の後半から腰の右側に違和感があると言いわれましたから、じゃあ近いうちにもう一度施術を受けに来てくださいと伝え初日を終えました。

そして三日後来院された時には右側の痛みが強く坐骨神経痛のような症状がでていました。

この痛みが全くとれず僕は悩みました、仙腸関節から臀部そして下肢にも痛みがあり普通の坐骨神経痛ならどこかに痛みの抜けるポイントがあるのですが、それが全くみつからず、これは整体でどうこうなる問題ではないと判断し整形外科に再度検査をしてもらうよう勧めました。

その日からしばらくたって、この患者様から電話が入りました。もう一度よく検査してみたら仙骨が台から落ちて尻もちをついた時に骨折しておりそれが原因で現在入院しつつリハビリをしているとの事でした。

その患者様に「はじめ行った整形外科が骨折を見つけてくれてればあんな辛い思いする事無かったのに」と言われ

さらに「骨折してたから先生がどんだけ頑張っても治らなかったはずですね、退院したら定期的にメンテナンスで通っていいですか?」といわれたので勿論お待ちしておりますと伝えました。

この仕事をしていれば誰もがぶつかる治らないという悩み、僕達は神様じゃないのでどんな症状でも必ず治せるとは限りません、そこをどう見抜いて患者様の為に一番良い選択を進めてあげるのかが一番大事だと今回改めて思いました。

今現在不調で悩まれてる方、一度くわはら和合整体院に相談してみてください。
 

2018年02月03日 11:44

姿勢を意識しましょう「姿勢矯正」が大事な理由

0000526419.jpg

こんにちは北九州市八幡西区くわはら和合整体院院長の桒原です。

不調の原因の大半を占める姿勢、当院はこの姿勢矯正に力を入れています。


良い姿勢を無理なく出来るように全身を整え、患者様には姿勢の大事さを理解してもらい不調の出にくい身体を作っていきたいと思っています。

写真は過去に施術の成果を調べるために来院時と二回の施術後の写真を並べて比べてみました。


一番左の写真は来院時です、肩の巻きも有り、重心がつま先にかかっていてバランスが悪い感じですね。

そして一度目の施術が終わった写真が真ん中の写真です。重心も整いバランスが良くなりました。

最後に一番右の写真は二回目の施術後の写真です、重心は整ったままキープしていて、全身の力の抜けた状態で良い姿勢が出来ています。

このように良い姿勢の状態をキープしていれば、ぎっくり腰や肩こり、首痛などの不調に悩まされる可能性がかなり低くなると思います。

だから姿勢は大事なんです。

自分自身が意識をして悪い癖がつかないように気を付けていかなければなりません。

最近身体全身の姿勢やバランスが悪いと思っている人、不調などでお悩みの方は北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体院にご相談ください。

2018年01月18日 11:17

痛みで肩が上がらない患者様が徐々に改善した事例

新年明けましておめでとうございます!今年も北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体院を宜しくお願い致します。


では久し振りにブログを更新したいと思います。

今日は年末から来院されてる肩の上がらなく痛みで眠れない患者様のお話をします。

この患者様は、五十肩と言われ来院されましたが、施術しながらの症状、経過をみておそらく五十肩ではなく石灰沈着性腱板炎の可能性が見えてきました。

これは簡単じゃないと悩みました。

数回の施術が必要な事、変化が少しずつしかでない事、患者様がもう治らないんじゃないかと諦めてしまう事などと様々な問題が出てきました。

一回目の施術で肩甲骨付近、背部、首近辺の筋肉の緊張を緩めて、肩甲骨の可動を広げました、施術後には45度から55度くらいに肩が上がるようになりました。

二回目の施術前に患者様から睡眠時の背中の張り違和感が無くなったと言われました。
そして施術後には70度くらいに挙上できるようになりました。

それ以降の施術後の変化は微々たる変化でした。これにはさすがの僕も心が折れそうでした。

そして年が明けて先日二週間ぶりに来院されいつも通りに施術を行い、挙上してもらうとほぼ真上にまで腕が上がりました。
ずっと結果が平行線だっただけに凄く感動して携帯カメラで患者様にもみてもらいました。

このように改善するのに時間のかかる不調もあります。
しかし患者様に信用してもらい諦めないで施術を続ければ少しづつでも変化がでてくるものと信じてます。

次回この患者様が来院されるのが待ち遠しいです。

新年初のブログはこれにておしまいです。

不調のお悩みの方は今年も北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体院にご相談下さい!

2018年01月17日 18:32

ぎっくり腰の患者様に聞きました。身体を歪める悪いクセとは?

こんばんは。北九州市八幡西区で整体をしているくわはら和合整体院院長の桒原です。

今日から12月になりましたね!お歳暮や年賀状などの準備などもあり忙しい月ですね。

当院も11月の下旬からぎっくり腰の患者様が多く来院されてます。

僕はぎっくり腰に対する施術はしますけど、ぎっくり腰の経験は無いんです。ぎっくり腰の患者様はどの方も凄く辛そうに来院されます。もし自分がぎっくり腰になったら大変だなぁ~って毎回思っています。

そんなぎっくり腰の患者様の施術をしながら色々お話をしていますと皆様それぞれ身体を歪める癖がある事に気づかされます。

それで今日は身体に歪みを作る癖についてお話しします。

まず定番は足を組んだり、横座りです。
これも人それぞれ組みやすい足の組み方、横座りをやりやすい仕方ばかりをしてしまい
それが骨盤の歪みそこに関連する筋肉に影響して身体全体のバランスが崩れたりします。

次に運転の姿勢です。仕事などで一日のうち何時間か車の運転をされる方で
例えば左側の肘置きに肘を置き左に身体を歪めて運転することが
頻繁にある方も歪みを作ってしまう可能性があるのです。

また同じ姿勢で仕事をしている方も無理な姿勢を続けてませんか?

寝てる時だといつも横を向いて寝ている方、毎回同じ方向を向いて寝てませんか?
本当は仰向けで寝るのが身体と地面の接地面が多いため、負担が少ないので一番良いのです。

このように普段から人にはそれぞれ癖がありまして、
気づかないうちに身体全体のバランスを崩していて、ぎっくり腰などの急な不調に悩むことになってしまうのです。

例え今は何の不調も無いかもしれませんが、近い将来不調に悩まされる可能性はあります。
心当たりある方、気になる方は、一度お近くの整体などでメンテナンスをしてもらい自分の身体の歪みを教えてもらっては如何ですか?

当院も身体の歪み、姿勢矯正、その他ぎっくり腰などの不調に対する相談を受け付けています。

くわはら和合整体院にお気軽にご相談下さい。

2017年12月01日 17:18

子供でも起こる「腰痛」 その原因と改善策

こんにちは、北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体院の院長の桒原です。

今年もいよいよ残す事後一か月とちょっとになりましたね。

今日は子供の腰痛の原因についてお話をします。

今日何気にテレビを観ていましたら腰痛で悩んでいる子供が増えたとの特集がありました。
その原因の一つにランドセルの重さが重くなってるとの事でした、教科書やプリントのサイズが変更になり以前よりランドセルの大きさが大きくなってるものがあり、僕たちの子供の時代のランドセルよりも重さは増えてる感じがあります。

僕も自分の息子のランドセルを持った時に重いなぁ~っと感じる事は多々ありました。

実際調べてみたら昔に比べて二倍近くの重さで登下校しているみたいです。
海外では子供の体重の10%以上の重さのバックは持たせないようにする法案が可決している地区もあるそうです。

重いランドセルで登下校するため背中痛や腰椎間板の変形による腰痛に悩まされるケースがあるみたいです。
なのでランドセルはしっかり背中に密着させるように調整し出来れば背中に重さを集中させないように手提げなどに分散させて登下校されることをお薦めします。

後、他の原因では外で遊ぶことか少なった為、運動不足からの体力、筋力の低下、ゲームや携帯、柔らかいソファーなどが原因の姿勢の悪化などがあります。

こういった状況から昔に比べて子供の不調が増えてきている光景が見られます。それは腰痛だけではなくて首痛、肩こりで悩む子供が増えているのです。


それらを予防するためにも、規則正しい生活習慣、天気の良い日は元気よく外で遊び、普段から姿勢には意識して生活することをお薦めします。


子供の不調、姿勢矯正なら北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体院にご相談下さい。



 

2017年11月24日 17:14

寒い季節は特に肩甲骨を動かして肩こりの予防を

こんばんわ、北九州八幡西区くわはら和合整体院長の桒原です。

これからどんどん気温が下がっていきポケットに手を入れて背中を丸くして歩く人の姿をよく見かけます。

まさに肩こりのシーズンです。

背中を丸くして歩くイコール悪い姿勢で歩いているという事です。肩は巻いて首も前方に倒れて肩近辺の筋肉はストレス全開になってしまうのです。

たかが肩こりと思い放っておけば首痛になったりひどい人だと頭痛になったりしますので、家に帰ったら肩甲骨を動かす体操をしたりをしてストレッチ肩こり予防をしましょう。

体操の一つに両手を後ろに回しお尻の上で組みます。そして胸を張り良い姿勢をしてそのまま組んでる両手を少し上にあげます。肘は伸ばし肩甲骨を背中の中央に寄せます。この時に顔は腕と対角になるように上を向きます。そしてその状態のまま大きく深呼吸をします。これを何度か繰り返します。

この体操は無理しない(痛みの出ない)程度にして下さい。何度かしているうちに組んだ腕を上げる角度が段々と増えてくると思います。

この体操で巻き肩が癖になるのを予防しましょう。

次に肩甲骨を動かしましょう。これは色々なやり方がありますが、一つ例をあげますと、まず両手を鎖骨にあてます。軽く触れてる程度でいいのでその状態から水泳の泳ぎのパターンで肘を動かします。クロールに平泳ぎ、背泳ぎにバタフライ、この時のイメージとしては腕じゃなくて肩甲骨を動かす感じで行ってください。痛みのある方は無理をしないで下さいね。

この運動では肩甲骨の可動が良くなり、その付近の筋肉も柔らかくなります。

このように自分自身でも肩こりの予防は出来ますので、これからの寒い季節肩こりやその付近の不調に悩ませられないように空き時間などで簡単に出来る体操やストレッチをしてみましょう。

ぎっくり腰、肩こり、その他の不調に悩まれてる方、北九州八幡西区にあるくわはら和合整体院にいつでもご相談下さい。

2017年11月10日 17:46

あの激痛はもう二度と・・ぎっくり腰の予防はストレッチから

こんにちは!北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体院長の桒原です。

今の季節寒くなったり温かくなったりして気温変化が激しく体調管理が大変な季節になりました。

今日はぎっくり腰の予防について簡単に説明していきたいと思います。

まずぎっくり腰は経験者なら誰もが辛い思いをしてもう二度とあの激痛はごめんだという人がほとんどだと思います。

よく漫画とかテレビだと重いものを持とうとした時にグギッっとするものと思われがちですが意外にも振り向いたとき、少し無理な姿勢で物を取ろうとした時、くしゃみをしたとき、など急な動作の時にやってしまうという人が大半だと思われます。

まずは軽い物でも取ろうとするときはなるべく無理な姿勢からでなく、手だけの力で取ろうとせずに動作をすることがまず一つ

次に普段から姿勢が悪く身体のどこかに負担をかけて生活している人が大半で、ぎっくり腰を一度でも経験されてる方なら、お風呂の湯船にしっかり浸かってお風呂上がりの筋肉の柔らかくなっている状態で背中から腰にかけてのストレッチなどをして柔軟性のある筋肉を維持するのが大事だと思います。

このストレッチもいきなり限界まで伸ばすのではなく徐々にのばしていく方法がいいと思われます。もちろん痛みの出ない範囲でして下さい。

こういった自分自身でぎっくり腰の発生率を下げる方法もありますが、これらは予防であって、やはりぎっくり腰を経験してる方は私生活での身体の歪みがある方で負担のかかってる筋肉がありますので出来れば月に一回から二回の身体のメンテナンスが必要だと思います。

もうあの辛い痛みは経験したくないと言う方、北九州八幡西区にあるくわはら和合整体院にご相談ください。

2017年11月08日 16:45

首の回旋時に痛みがでる患者様 姿勢の矯正が大切と痛感

こんばんは、北九州市八幡西区塔野にあるくわはら和合整体院長の桒原です。

すっかり寒くなりましたね、先日11月の4日に44歳になりました。
いつの間にかおじさんになりましたけど背筋を伸ばして気持ちはいつまでも若くいたいと思います。

今日は首の回旋時に痛みの出る患者様のお話をしたいと思います。
この患者様は60代の男性で来院時は右を向くときに首の可動が少なく痛みがでる、
夜に寝返りを打つときに痛みで目が覚める、背中近辺も痛いとの事で来院されました。

身体全身を検査してみると肩甲骨の右側が後方に出ているのと、
とにかくひどい巻き肩で首周りの筋肉もガチガチでした。
施術に入りましたが、全身の力を抜くのが大変で苦戦しました。
肩甲骨の可動も少なくゴリゴリ音がでました。
そして大胸筋、小胸筋、にアプローチして巻き肩の矯正に入りました。
そして最後に首近辺の施術に入るとここもガチガチに筋肉がなっていまして緩めるのが大変でした。

一通りに施術を終え再度検査したところ肩甲骨の右側のでっぱりは無くなり首の可動も少し増えました。
しかし、この患者様の場合は首に負担のかかっている巻き肩を矯正していかなければ首痛を完全に克服出来ません。

この患者様には「首の痛みが完全に無くなるにはまず姿勢から治していかなければならないので時間がかかります」と伝えました。
今現在も通院してもらってます。
それから一か月たちまして首の可動も増え、寝返りの時の痛みで目を覚ますことも無く、背中の痛みもなくなり肩甲骨の可動も増えました。
姿勢の方も少しはよくなりましたが、まだまだです。
やはり長年にかけてつくった身体の歪みはそう簡単に改善できるもんじゃありません。
僕はこの患者様に「巻き肩や姿勢の事を他の人に指摘されたことは無かったですか?」って聞くと、「何度か指摘されたことがある」と言われ、「その時はまさか姿勢が原因でこのような不調に苦しまされるとは思ってもいなかった」そうです。もっと早く姿勢矯正をしとけばよかった後悔されてました。

このようにたかが姿勢と思われてる方、気を付けて下さいね!歪んだ姿勢はじわりじわり身体のどこかに負担をかけていてそれが何年か先に不調がでてきたりします。

そうなる前に悪い姿勢を他人から指摘されたり、自分自身が姿勢の悪さに気になってる方早めに姿勢の矯正をして未来の不調を防ぎましょう!

姿勢の相談、不調の悩みは北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体院にご相談ください。

2017年11月06日 17:10

子供でも大人のような首痛が出る場合があります

こんにちは、北九州市八幡西区くわはら和合整体院の院長の桒原です。
ついこの前まで冷房を使っていたのに今日は暖房を使ってます。昨日から冷たい雨が降り続いていまして気温が急に下がり施術所も肌寒く感じるようになりました。
こういう季節の変わり目には不調に注意して下さいね。自分自身も最近肩甲骨から首に違和感を感じてストレッチをしています。

それでは今日は子供の首痛についてお話ししたいと思います。

子供の筋肉は筋肉は柔らかくふちょう不調が出にくく思いがちでした,基本子供は寝てる時に寝返りを打つことにより身体の歪みを修復してると言われがちですが、意外にも寝違いのような首痛でひどいと吐き気まであったりして不調に悩まされるお子様がおられます。

当院にも小さいお子様(幼稚園児~小学生の低学年)の首痛での施術を何度かしました。
来院時にはあまりの首を傾けて立ってる姿にビックリさせられました。
子供の施術は特別でもなく大人の首痛に対しての施術方法とほぼ変わらず、いつも通りに優しく筋肉の緊張を解いていきます。ただ小さい子供の反応は大人と違い難しくて時々悩まされます。
施術後には来院時のような首の傾きは無くなり顔色も良くなり親御様も安心して帰られました。
それから数日たった日の事です。なんと自分の六歳なる息子が同じように首を傾けながら首が痛いというて来たのです。
最初は勉強するのが嫌だから嘘ついてるのかと思ったのですが以前の患者様のように首を傾けていましたので施術して痛みをとってあげました。念のために翌日も軽く施術をして完全に痛みは無くなりました。

このように子供でも大人のような首痛に悩まれるケースがあります。そんな時は北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体院にご相談ください。


 

2017年10月16日 17:31
くわはら和合整体院
〒807-0085
福岡県北九州市
八幡西区塔野1-4-7
TEL: 093-616-0185
[営業時間]
9:00~13:00
14:00~20:00
[定休日]
不定休

Side Menu

モバイルサイト

くわはら和合整体院スマホサイトQRコード

くわはら和合整体院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!