北九州市八幡西区で頭痛・腰痛・肩こりに痛くない優しい整体くわはら和合整体院

痛くない、安全性の高い「身体に優しい施術」を行います。安心して受けられる安全な療法です。

くわはら和合整体院

ホーム院長ブログ ≫ 腰痛 ≫

不調の出にくい正しい腰の動き、その使い方は

こんにちは!北九州市八幡西区塔野にあるくわはら和合整体の院長の桒原です。


近頃、気温が上がったり下がったり温度差が激しいですが不調に悩まされていませんか?


今日は腰の使い方についてお話ししたいと思います。

皆様は普段上手に腰を使っていますか?


当院に不調で来院される患者様に検査してみましたところ大半の患者様は腰の使い方を間違って使っておられました。

そして正しい腰の使い方をしどうしたところ患者様は大変驚かれ感動されます。


それでは正しい腰の使い方について説明します。

例えば朝洗面所で顔を洗われる時に腰が痛いという方どのように前かがみされてますか?

正しい使い方はまずお尻(腰)を後方に突き出します。その状態から前にかがんでみて下さい。ポイントは一つだけです。前かがみになる前に腰を後ろにプリっと突き出すだけです。

どうですか?いつもより曲げやすく安定していませんですか?

洗面時に痛みのある方は、痛みが無くなったりもします。


このような感じで前屈する時、下に落ちている物を拾う時、しゃがむ時などの動作の初動時に腰を後方に突き出してみて下さい。普段より楽に動けると思います。

この動きこそが正しい腰の動きなんです。

悪い例(腰をうまく使ってない人)は骨盤をあまり前傾させずに前かがみしている為、背中、腰付近に負担が掛かり痛み違和感を感じたりします。

身体が硬く前屈姿勢が苦手な方も一度試してみて下さい。普段より深く前にかがむことが出来るかもしれませんよ。


このように身体、筋肉の使い方を間違って不調がでるという場合も多々あるので気を付けて日常を過ごし下さい。


身体の不調でお悩みの方は八幡西区にあるくわはら和合整体院にご相談下さい。
 

2018年04月16日 15:52

慢性的な腰痛の特徴の1つ「大腰筋の緊張」

こんばんは、北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体院長の桒原です。


寒い日々が続きますね肩こりや首痛、ぎっくり腰で悩まれてる方はいませんか?


今日は慢性的な腰痛の方の特徴の一つの歪みについておはなししたいと思います。


当院にも慢性的な腰痛で来院されてる方がおられますが、その腰痛の原因の一つに大腰筋の緊張が多くみられます。

大腰筋とは胸椎、腰椎から大腿骨の小転子までの筋肉の事で、この筋肉の左右のどちらかが極度に緊張してるケースが多々見られます。

これらの緊張は日常の生活の中でなんらかの癖がありそれが原因で緊張するという場合があります。

例えば座ってる状態の時に左右どちらかに重心をのせて座っているという癖がある人、このような人が長時間車の運転をされたり、デスクワークで仕事中はほぼ座ってる状態が続けば十分歪みの原因となります。

そしてこの歪みが癖になりますと大腰筋の左右のバランスが崩れて慢性的な腰痛やその他の不調に繋がったりします。

当院もここ最近の慢性的な腰痛の方で左右どちらかの大腰筋が極度に緊張してる方がおられまして施術で大腰筋を緩めて緊張をとるだけで施術後に腰痛が無くなったというケースがありました。

このように腰痛と大腰筋の関係はかなり深いものだと僕は思っています。だから慢性的な腰痛だけでは無くぎっくり腰で来院される方も大腰筋の施術は大事だと思っています。


皆様の座っている状態はどうですか、左右均等に体重は乘っていますか?


身体の不調で悩まれている方、くわはら和合整体院にいつでもご相談下さい。

2018年02月05日 18:42

子供でも起こる「腰痛」 その原因と改善策

こんにちは、北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体院の院長の桒原です。

今年もいよいよ残す事後一か月とちょっとになりましたね。

今日は子供の腰痛の原因についてお話をします。

今日何気にテレビを観ていましたら腰痛で悩んでいる子供が増えたとの特集がありました。
その原因の一つにランドセルの重さが重くなってるとの事でした、教科書やプリントのサイズが変更になり以前よりランドセルの大きさが大きくなってるものがあり、僕たちの子供の時代のランドセルよりも重さは増えてる感じがあります。

僕も自分の息子のランドセルを持った時に重いなぁ~っと感じる事は多々ありました。

実際調べてみたら昔に比べて二倍近くの重さで登下校しているみたいです。
海外では子供の体重の10%以上の重さのバックは持たせないようにする法案が可決している地区もあるそうです。

重いランドセルで登下校するため背中痛や腰椎間板の変形による腰痛に悩まされるケースがあるみたいです。
なのでランドセルはしっかり背中に密着させるように調整し出来れば背中に重さを集中させないように手提げなどに分散させて登下校されることをお薦めします。

後、他の原因では外で遊ぶことか少なった為、運動不足からの体力、筋力の低下、ゲームや携帯、柔らかいソファーなどが原因の姿勢の悪化などがあります。

こういった状況から昔に比べて子供の不調が増えてきている光景が見られます。それは腰痛だけではなくて首痛、肩こりで悩む子供が増えているのです。


それらを予防するためにも、規則正しい生活習慣、天気の良い日は元気よく外で遊び、普段から姿勢には意識して生活することをお薦めします。


子供の不調、姿勢矯正なら北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体院にご相談下さい。



 

2017年11月24日 17:14

原因不明の腰痛②…痛む場所を探し、2度目の施術で

こんにちは、北九州市八幡西区塔野にあるくわはら和合整体院の院長の桒原です。

近頃朝と日中の温度差が激しく体調不良には注意しないといけない時期ですね。

当院の入口の上にあるツバメの巣から五羽の雛がかえりました。
しかもあっという間に大人と変わらないくらいになりました。
今年も元気よく巣立っていくんだなと思っていたのですが、ある朝一羽だけ下に落ちてるのを発見!まだ元気があったのでタオルでくるんで巣に戻してあげました。しばらくして施術中に外を見たらまた一羽落ちていたのです。
患者様に説明すると、可哀想だから巣に戻してあげてと言われたので、もう一度巣に戻してあげました。
翌日傘立ての中に何か落ちてるのを発見して見てみると、なんとツバメが落ちて死んでいたのです。
可哀想なので家の近くに埋めてあげました。毎年元気よく巣立っていくのに何故だろうと思いインターネットで調べたら、ツバメは弱ったりした雛は親のツバメが巣から落としたりするらしいと知り動物の世界は厳しいことを痛感しました。

それから一日して巣の中でもう一羽雛が死んでいました。なので先日埋めた同じ場所にまた埋めてあげました。天国で二羽仲良く飛んでいることを心から願います。

さて、それでは話は前回、仙腸関節に痛みのある腰痛の患者様の二度目の施術についてお話しをします。
前回施術が終わり痛みがかなり軽減しましたが、夜にまた痛みが再発したとの事でした。
しかし、最初の時みたいな座ってたら痛みが増すって事は無くなってました。

二度目の施術内容は、まず全身を整えて筋肉を柔らかくしてそれから軽くストレッチをかけていきます。
それでもまだ動くと仙腸関節に痛みがでる状態でした。
そこで骨盤の前方を締めてあげて後方の仙腸関節に少し余裕をつくるとかなり楽になったみたいなので、
しばらくベルトで骨盤の前方を締めて固定してもらう事にしました。
これで日常生活に支障がほぼ無くなり施術終了です。
とりあえず一安心しました。次の来院時の結果が楽しみです。良くなってる事を祈ります。

身体の不調でお困りの方、いつでもくわはら和合整体にご相談下さい。

2017年06月05日 17:07

原因不明の腰痛①…痛みを解消していくための施術

こんにちは、八幡西区整体くわはら和合整体院院長の桒原です。

先週末は子供の運動会に行ってまいりました。
まだ五月なのにもの凄く暑かったです。
子供のかけっこの結果はいまいちでしたが、暑い中で元気いっぱいの姿がみられてとても良かったです。

さて今日は先週ぎっくり腰気味とのことでで来院された患者様のお話をします。

来院された時は座ってると痛みが増してくるとの事でした。
そして痛みの箇所を尋ねますと、どうも仙腸関節と仙骨に痛みがはしるとの事でした。
この箇所はぎっくり腰にはあまり痛みの出ない箇所です。

施術をし始めると寝ていても痛みが増してきて、寝返りはもちろんの事、何をしても痛む状態でした。
仙腸関節の隙間を広げる施術をしても痛みは強く大変でした。
そこで仙骨に付着している梨状筋にアプローチすることにしました。
梨状筋を緩めて痛みがでるので、ゆっくりストレッチをかけていきました。そして一度起き上がってもらい、座ってもらいましたら来院当時のいやな痛みが軽減しました。
もう一度、横になってもらい更に梨状筋にストレッチをかけていくと少しずつ痛みが軽減されたか色々な動きが出来るようになりました。
そして施術が終わり再度検査しましたら、座って出る痛みは無くなりましたが、まだ立ち上がる時の痛みが残ってました。
この痛みはぎっくり腰の痛みと同じで、また激痛が来るのではないかという恐怖心から筋肉が通常の動きをしないためにでる痛みなので、立ち上がる時に少し筋肉をサポートしてあげました。
何度か繰り返したとこで立ち上がる時の痛みは無くなりました。

初回の施術はこれで終了しましたが、この患者様の場合、何度か施術を受けてもらう必要があるみたいなので予約を入れていってもらいました。

二度目の施術、この症状になった原因などについてはまたブログに書きたいと思ってます。

原因不明の腰痛、ぎっくり腰などでお悩みの方は北九州市八幡西区塔野にあるくわはら和合整体院にご相談下さい。

2017年05月30日 15:35

1週間腰痛が続き飛び込みで来院された患者様の場合

こんばんわ、くわはら和合整体院、院長の桒原です。

今日は昼過ぎに飛び込みで腰痛の患者様が来院されました。
腰を痛めて一週間たつけど一向に痛みが無くならないとの事でした。

最初寝転んでもらうときに痛み有り、寝返り痛み有り、うつ伏せ痛み有り、起き上がり痛み有り、腰全体が痛む状態でした。
まずは全身の筋肉の緊張を緩め次に緩めた筋肉に軽くストレッチかけていきました。
そしてもう一度寝返りをしてもらったら、腰全体の痛みから腰の左側の痛みに限定されました。

腰の左側の筋肉を丁寧に緩めると次は仙骨の痛みに変わりました、最後に仙骨を調整して終わりました。
患者様もビックリ、寝返り、起き上がり、まったく痛みを感じなくなりました。

僕が七割くらい痛みとれましたか?って聞いたら、七割どころか全然痛みを感じる事が無くなったとの事でした。
この瞬間が一番嬉しいですね。

腰痛に悩まされてる方は北九州市八幡西区くわはら和合整体院にお任せください。

2017年02月22日 20:16

腰痛の方の特徴②反り腰が腰に負担をかける

こんにちは!北九州市八幡西区くわはら和合整体院長桒原です。

前日に引き続き腰痛の方の方の特徴についてお話しします。

腰痛がある方の特徴で反り腰パターンがあります。
反り腰とは硬い床の上に仰向けで寝た状態で腰の上の方がかなり浮いてしまっている人の事です。

女性の方ならよくハイヒールを履かれる方、他にも腹筋と背筋のバランスが悪い方、に多くみられます。
反り腰になると骨盤が前傾し過ぎる為、腰椎近辺の生理湾曲が強く腰椎の詰まり、腰への負担が強くなります。
長時間立ったり歩いたりしたら腰が重く感じたり、痛くなったり、下り坂を歩くとき辛いなどの症状があります。

改善方法としては腹筋を鍛えたり、前日に書いたストレッチなどをして背筋に柔軟性をつけましょう。

2017年02月09日 15:09

腰痛の方の特徴①身体が硬い=筋肉に柔軟性がない

おはようございます。くわはら和合整体院長桒原です。

今日は腰痛持ちの方の特徴についてお話します。

腰痛持ちの方の特徴の一つは身体の硬い方です。
身体が硬いって事は筋肉に柔軟性がないってことです。筋肉に柔軟性がないって事は血液の循環も悪い状態です。

腰痛で悩んでる方常日頃からストレッチなどして筋肉に柔軟性をつけましょう。

簡単に出来るストレッチを一つ紹介します。
①まず仰向けに寝て両膝を立てます。
②その両膝を上にあげ両手で抱えます。
③背中~腰の筋肉が伸びる感じです。その状態をしばらくキープして、一呼吸おいて元に戻します。
これを何度か繰り返します。お風呂あがりとかにすると有効的です。

痛みの出る方は痛みの出ない範囲でゆっくり伸ばしていきましょう。

こういったストレッチなどで柔軟性のある筋肉にしていきましょう。

2017年02月08日 10:34
くわはら和合整体院
〒807-0085
福岡県北九州市
八幡西区塔野1-4-7
TEL: 093-616-0185
[営業時間]
9:00~13:00
14:00~20:00
[定休日]
不定休

Side Menu

モバイルサイト

くわはら和合整体院スマホサイトQRコード

くわはら和合整体院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!