北九州市八幡西区で頭痛・腰痛・肩こりに痛くない優しい整体くわはら和合整体院

痛くない、安全性の高い「身体に優しい施術」を行います。安心して受けられる安全な療法です。

くわはら和合整体院

ホーム院長ブログ ≫ ストレッチ・運動 ≫

腰痛、背中痛や体が硬い方におすすめのストレッチ

KIMG0121

こんにちは、北九州八幡西区にあるくわはら和合整体院の院長の桒原です。

 

ここ最近連日の猛暑で体調を崩してはいませんか?

今日は腰痛や背中痛の予防のストレッチを紹介いたします。

 

腰痛にも種類がありますが、今回のストレッチは生理湾曲の腰椎の部分の前弯が強い方、腹筋と背筋のバランスが悪く腹筋より背筋の方が強く腰痛の不調がでる方、立ち仕事などで腰や背中がガチガチになりやすい方、身体が硬い方などにお薦めのストレッチです。

なおストレッチは痛いのに無理やりするのではなく心地よいくらいの場所をキープして徐々に筋肉を伸ばす事をお薦めします。

 

まずは写真の絵のように仰向けで寝た状態で両膝を立ててその両膝を写真のように両手で持ちます。

そして大きく息を吸って吐くときに写真の図の矢印ようにお腹に膝を寄せていきますこの時に腰をイメージしてすれば腰の筋肉が伸ばされます、背中を伸ばすイメージですると背中の筋肉が伸びます。

この状態をしばらくキープして(30秒~1分)一度元に戻します。この動きを何度か繰り返します。

ここで大事なのが痛みの出ない範囲で行ってください。

このストレッチをするだけで腰背部の筋肉に柔軟性がつき不調の出にくい身体に近づいていくものだと思います。

普段から体の硬い方はお風呂上りなどの筋肉の柔らかい時にするのが効果的です。

 

皆様の不調は事前に防げるものもあるのです。自分の身体は自分でメンテナンスする事も大事なのです。

 

不調や身体の事でお悩みの方は北九州八幡西区くわはら和合整体院にご相談下さい。

 

2018年07月25日 17:20

腰痛のストレッチで狙うポイントがあります

こんにちは北九州市八幡西区くわはら和合整体院の院長の桒原です。

 

昨晩は台風の影響で凄い暴風雨でしたね、今日はうって変わってか少し風は強いですが快晴にみまわれています。

 

今日は腰痛のストレッチの狙うポイントについてお話ししたいと思います。

 

ストレッチは基本全身するのが一番なんですけど、毎日するとなると大変です。

 

そこで腰痛に対して狙うポイントを説明致します。

 

例えば前かがみの時に腰痛がでるという方は腰近辺のストレッチはもちろん必要ですが前かがみするときに動いている筋肉に注目してもらいたいのです。

その一つに臀部(お尻の筋肉)ここを固めている方が多くみられます。

大殿筋、中殿筋、梨状筋などにストレッチをかけて柔軟性をつけてあげます。そうすれば前屈の時の腰背部への負担が軽減されます。

後もう一つハムストリングスの柔軟性も大事だと思います。

 

このように不調の箇所だけをストレッチするのではなく、不調のでる動作を確認して、その動作時に動く筋肉に対してストレッチをかけて柔軟性をつけてあげることが大切だと思っています。

 

なので当院の施術は不調箇所の筋肉の柔軟性をつけていくのは勿論ですがその不調がでる動作時に働く筋肉に対しても施術し柔軟性をつけていき不調のでる動作に対して働く筋肉がスムーズに伸び縮みするよう目指しています。

 

腰痛だから、肩こりだから、その部位だけを集中して施術するのではなく、その周りの筋肉を広い範囲で施術するを理想としています。

 

皆様も自分でストレッチをするときはなるべく普段伸ばさない筋肉などをアプローチして下さい。

不調がある方は不調がでる箇所だけでなく動作時に働く筋肉に対してもアプローチして下さい。

最後にストレッチは強引に痛いのを我慢してするのではなく少しずつきつく無いところから始めて徐々に伸ばしていってください。

 

身体の不調、その他ご相談受け付けています。些細な事でも北九州八幡西区にあるくわはら和合整体院にご連絡ください。

2018年07月04日 16:50

寒い季節は特に肩甲骨を動かして肩こりの予防を

こんばんわ、北九州八幡西区くわはら和合整体院長の桒原です。

これからどんどん気温が下がっていきポケットに手を入れて背中を丸くして歩く人の姿をよく見かけます。

まさに肩こりのシーズンです。

背中を丸くして歩くイコール悪い姿勢で歩いているという事です。肩は巻いて首も前方に倒れて肩近辺の筋肉はストレス全開になってしまうのです。

たかが肩こりと思い放っておけば首痛になったりひどい人だと頭痛になったりしますので、家に帰ったら肩甲骨を動かす体操をしたりをしてストレッチ肩こり予防をしましょう。

体操の一つに両手を後ろに回しお尻の上で組みます。そして胸を張り良い姿勢をしてそのまま組んでる両手を少し上にあげます。肘は伸ばし肩甲骨を背中の中央に寄せます。この時に顔は腕と対角になるように上を向きます。そしてその状態のまま大きく深呼吸をします。これを何度か繰り返します。

この体操は無理しない(痛みの出ない)程度にして下さい。何度かしているうちに組んだ腕を上げる角度が段々と増えてくると思います。

この体操で巻き肩が癖になるのを予防しましょう。

次に肩甲骨を動かしましょう。これは色々なやり方がありますが、一つ例をあげますと、まず両手を鎖骨にあてます。軽く触れてる程度でいいのでその状態から水泳の泳ぎのパターンで肘を動かします。クロールに平泳ぎ、背泳ぎにバタフライ、この時のイメージとしては腕じゃなくて肩甲骨を動かす感じで行ってください。痛みのある方は無理をしないで下さいね。

この運動では肩甲骨の可動が良くなり、その付近の筋肉も柔らかくなります。

このように自分自身でも肩こりの予防は出来ますので、これからの寒い季節肩こりやその付近の不調に悩ませられないように空き時間などで簡単に出来る体操やストレッチをしてみましょう。

ぎっくり腰、肩こり、その他の不調に悩まれてる方、北九州八幡西区にあるくわはら和合整体院にいつでもご相談下さい。

2017年11月10日 17:46

肩こり疲労回復の体操で予防しましょう

こんにちは、今日は肩こり疲労回復にお薦めの体操をつぶやきます。

まずは姿勢を正します。
①それから大きく息を吸いながら両肩を後ろにすぼめるようにして肩甲骨を真ん中に可動域いっぱいに寄せます(痛みの無い範囲で)。
②そこから息を吐きながら力を抜き一気にストンっと肩を落とします。(力を抜き一気に落とすのがポイントです)
③これを二~三回繰り返します。
家事の途中、仕事の合間など肩こりを感じ出したら是非お試しください。

肩こりや首痛も軽い症状であれば自分自身で姿勢を意識したり、体操などして身体を動かしたりして、予防できるものだと思います。
症状が重くなる前に自分自身でケアしていきましょう。

肩こりや首痛でお悩みの方は、僕にお任せください!

2017年02月07日 11:57
くわはら和合整体院
〒807-0085
福岡県北九州市
八幡西区塔野1-4-7
TEL: 093-616-0185
[営業時間]
9:00~13:00
14:00~20:00
[定休日]
不定休

Side Menu

モバイルサイト

くわはら和合整体院スマホサイトQRコード

くわはら和合整体院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!