(北九州市八幡西区)頭痛・腰痛・肩こりに痛くない優しい整体くわはら和合整体院

痛くない、安全性の高い「身体に優しい施術」を行います。安心して受けられる安全な療法です。

blogtop

ホーム ≫ 院長ブログ ≫

院長ブログ

肩甲骨を可動させていますか?

IMG_0254

こんにちは北九州八幡西区にあるくわはら和合整体の院長の桒原です。

九州も梅雨が明けまして毎日暑い日々が続いてます。

夏バテ、熱中症にならない為にも身体の自己管理が大事な季節です。

 

身体の自己管理といえば皆様は肩甲骨をしっかり動かせていますか?

近頃来院される患者様の大半の方はメインの不調とは別に肩こりや背中痛、首痛を感じると言われます。

このような肩甲骨付近の不調は出る前に自己管理で防げる不調なのです。

デスクワーク、スマートホンの使い過ぎ、家事、などで姿勢の悪い状態が続いてる事などから肩甲骨付近の不調を感じる方がほとんどです。

この時に大事なのは少しでも不調を感じた時に肩甲骨を動かしてあげる事なのです。例えば腕を回すのを肩関節で回すのじゃなくて肩甲骨から稼働させるイメージで回すのです。

肩甲骨は腕の延長としてイメージして稼働させるのが大事でなのす。

肩甲骨は回すだけでは無く背中の中心に寄せてあげたりするのも効果的です。

このように普段から自己管理できる部位なので肩甲骨付近の不調でお悩みの方は意識して肩甲骨を普段から稼働させるようにしてくだい。

肩甲骨の動きが悪くなると肩こりや背中痛などの不調の原因となります。肩こりが悪化すると首痛になり、さらに頭痛など不調が広がります。背中痛からは腰痛に繋がるケースもあります。

なので肩甲骨は大事なのです。常日頃から肩甲骨付近の筋肉を柔らかくして肩甲骨の動きを良くしていれば、色々な不調を事前に防げるかもしれません。

まさに肩甲骨とは健康骨なのです。

 

色々な不調でお悩みの方、些細な事でも構いません北九州八幡西区にあるくわはら和合整体院にご相談下さい。

腰痛のストレッチについて

こんにちは北九州市八幡西区くわはら和合整体院の院長の桒原です。

 

昨晩は台風の影響で凄い暴風雨でしたね、今日はうって変わってか少し風は強いですが快晴にみまわれています。

 

今日は腰痛のストレッチの狙うポイントについてお話ししたいと思います。

 

ストレッチは基本全身するのが一番なんですけど、毎日するとなると大変です。

 

そこで腰痛に対して狙うポイントを説明致します。

 

例えば前かがみの時に腰痛がでるという方は腰近辺のストレッチはもちろん必要ですが前かがみするときに動いている筋肉に注目してもらいたいのです。

その一つに臀部(お尻の筋肉)ここを固めている方が多くみられます。

大殿筋、中殿筋、梨状筋などにストレッチをかけて柔軟性をつけてあげます。そうすれば前屈の時の腰背部への負担が軽減されます。

後もう一つハムストリングスの柔軟性も大事だと思います。

 

このように不調の箇所だけをストレッチするのではなく、不調のでる動作を確認して、その動作時に動く筋肉に対してストレッチをかけて柔軟性をつけてあげることが大切だと思っています。

 

なので当院の施術は不調箇所の筋肉の柔軟性をつけていくのは勿論ですがその不調がでる動作時に働く筋肉に対しても施術し柔軟性をつけていき不調のでる動作に対して働く筋肉がスムーズに伸び縮みするよう目指しています。

 

腰痛だから、肩こりだから、その部位だけを集中して施術するのではなく、その周りの筋肉を広い範囲で施術するを理想としています。

 

皆様も自分でストレッチをするときはなるべく普段伸ばさない筋肉などをアプローチして下さい。

不調がある方は不調がでる箇所だけでなく動作時に働く筋肉に対してもアプローチして下さい。

最後にストレッチは強引に痛いのを我慢してするのではなく少しずつきつく無いところから始めて徐々に伸ばしていってください。

 

身体の不調、その他ご相談受け付けています。些細な事でも北九州八幡西区にあるくわはら和合整体院にご連絡ください。

当院はぎっくり腰でも温めます

こんにちは、北九州市八幡西区くわはら和合整体院の院長の桒原です。


すっかり暑くなりましたね!この前まで暖房がついていた当院もついに冷房に切り替わりました。


そして今日はぎっくり腰の施術と考え方についてお話をしたいと思います。


先日東京の同期の先生とぎっくり腰の理論についてお話ししました。東京の先生はぎっくり腰の炎症の部分は冷やしてもらうと言いましたが僕はその逆で温めることを薦めています。
その事で少し討論した結果いつものように治れば良いかって事で討論は終了しました。

このように施術者は施術はもちろんそれぞれ違う考えや理論を持っていますが結果患者様が良くなってもらえればいいという考えは同じだと思います。


お話しは戻りますがぎっくり腰の炎症で調べるとほとんどが冷やした方が良いと書かれていて温めたり、お風呂に入るのは炎症が悪化する為NGとされています。

しかし当院はお風呂もNGにしません、時には手わざで温めたりします。

何故当院は冷やす事を薦めないというと炎症とは筋肉の痛めているところを修復している時に出来る現象で、これを冷やすという行為は筋肉の修復を遅らせるという事で結果ぎっくり腰の回復を遅らせる事になります。


よく下痢や嘔吐を薬で止める行為は良くないと言います。

下痢や嘔吐は身体の中の悪いものを外部に出している状態なのでそれを止めるという行為は悪い物質を身体に残してしまうという事と言われます。


このように炎症もズキズキして辛いかもしれませんが痛んだ筋肉を修復しているという人間のメカニズムなので出来れば冷やさずに我慢すれば最短で完治もすることだと思います。



だからと言って寝込んだままでは完治は遅れます。

まずは痛みの衝撃で緊張した腰近辺の筋肉を緩めて、痛みの恐怖から必要以上に力んでしまう動作を解放し通常の動作の痛みを減少させます。


これだけで日常生活分はだいぶ楽に送れるようになり炎症も2~3日にはおさまり完治します。

万が一炎症の疼きが強く眠れない場合は湿布で冷やしてくださいとは言いますが、なるべくそのまま寝てもらう事を薦めます。


あくまでこれは当院の考えであって他の院の先生とは異なるかもしれません。


当院の一押しはぎっくり腰です。もちろん自信もあります。


ぎっくり腰になって悩んだ時は一度試しに当院の施術を受けてみては如何ですか?



ぎっくり腰、その他痛みの悩み北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体院にご相談下さい。


 

交通事故後からの肩に痛み

こんにちは、北九州市八幡西区塔野にあるくわはら和合整体院の院長の桒原です。


あと少しでゴールデンウィークですね。皆さんは何処かに出掛ける予定がありますか?

当院も3日から5日までは連休の予定です。


今日はバイクの事故の後から肩に痛みがでるという青年のお話をします。


数日前に以前腰痛で当院に来られていた患者様から連絡が入り息子の施術をしてほしいとの事でした。

予約日に来院してもらい話を聞いてみますとバイクの交通事故で転倒した際に肩をぶつけてそれ以来肩に時々痛みがでるとの事でした。

整形外科で診断してもらった結果、骨、関節に異常なしとの事で筋肉が原因と言われてリハビリに通っていたのですが効果が無いとの事でした。


施術前に肩を動かしてもらうと意外に可動時の痛みは無くて原因を見つけるのには難しい状態でした。

その中でも結滞動作や投球ホームなどの時に肩鎖関節付近に痛みがでることを確認して施術に入りました。


身体全体に肩付近の筋肉を柔らかくしてからもう一度痛みのでる動きをしてもらったところやっぱり痛みが出るみたいでした。
肩鎖関節の動きを手伝い動作してもらうと少しだけ痛みが軽減しました。


しかしまだ違和感や少ないながらの痛みがある状態なので少し身体全身の状態を観てみたら鎖骨の歪みを発見しました。

事故の衝撃で鎖骨が歪み肩鎖関節に圧がかかり肩に痛みがでたのだと考え鎖骨の調整をしました。

そして施術後の検査の結果、肩の違和感と痛みは無くなりました。


痛みの原因と鎖骨の歪み、施術の間隔などを伝えて終了です。


事故や音頭などで強い衝撃によって身体の一部が歪んでしまうケースがあります。過去にそのような経験をされてる方は一度全身をチェックしてもらうのもいいかもしれませんね!


身体の不調、相談ありましたら北九州市八幡西区くわはら和合整体院にご相談下さい。

不調の出にくい腰の使い方

こんにちは!北九州市八幡西区塔野にあるくわはら和合整体の院長の桒原です。


近頃、気温が上がったり下がったり温度差が激しいですが不調に悩まされていませんか?


今日は腰の使い方についてお話ししたいと思います。

皆様は普段上手に腰を使っていますか?


当院に不調で来院される患者様に検査してみましたところ大半の患者様は腰の使い方を間違って使っておられました。

そして正しい腰の使い方をしどうしたところ患者様は大変驚かれ感動されます。


それでは正しい腰の使い方について説明します。

例えば朝洗面所で顔を洗われる時に腰が痛いという方どのように前かがみされてますか?

正しい使い方はまずお尻(腰)を後方に突き出します。その状態から前にかがんでみて下さい。ポイントは一つだけです。前かがみになる前に腰を後ろにプリっと突き出すだけです。

どうですか?いつもより曲げやすく安定していませんですか?

洗面時に痛みのある方は、痛みが無くなったりもします。


このような感じで前屈する時、下に落ちている物を拾う時、しゃがむ時などの動作の初動時に腰を後方に突き出してみて下さい。普段より楽に動けると思います。

この動きこそが正しい腰の動きなんです。

悪い例(腰をうまく使ってない人)は骨盤をあまり前傾させずに前かがみしている為、背中、腰付近に負担が掛かり痛み違和感を感じたりします。

身体が硬く前屈姿勢が苦手な方も一度試してみて下さい。普段より深く前にかがむことが出来るかもしれませんよ。


このように身体、筋肉の使い方を間違って不調がでるという場合も多々あるので気を付けて日常を過ごし下さい。


身体の不調でお悩みの方は八幡西区にあるくわはら和合整体院にご相談下さい。

貯筋をしましょう。

こんにちは北九州市八幡西区くわはら和合整体院、院長の桒原です。


最近地味に思う事を今日は書きたいと思います。


皆さんは貯金は大事だと思っていますよね?確かに貯金も大事です。しかし貯筋もしてもらいたいと僕は最近思います。

当院に来院されてる方を見ていても筋肉が不通にある方は多少のバランスが悪く不調になったとしましても施術を受ければすぐに改善されて長持ちもします。

運動など小さい時から嫌いでという方いますよね。二十代、三十代くらいまではなんとか誤魔化しも通用しますが、これが四十代、五十代くらいから急激に衰えていきます。そしてそれが原因で不調になる事が多々あります。

特に大事な筋肉は腹筋、背筋に大腿四頭筋、ハムストリングなど立位時に体重を支えてくれる筋肉です。

これらの筋肉が弱ってしまえば悪い姿勢からくる不調、膝痛、腰痛などのに悩まされるでしょう。

不調が出てから筋肉をつけるのは大変努力が求められます。

年齢が高齢になればなるほど筋肉の衰えは早くなり筋肉をつけるのにはその何倍もの時間が必要とされます。

だから自分は大丈夫と思われている方、油断せずに将来の自分の為に筋肉をつけ貯筋をして欲しいのです。

そもそも僕の施術は治すというより、不調がでない身体を作るサポートを重点においています。
今だけが治れば良いんじゃなくて不調の原因を追究して患者様と二人三脚で一か月先、一年先を予想した施術を理想としています。

もちろんその為には患者様自身の協力も必要です。

僕は神様じゃないので何でも治すという事は出来ません。時には施術を生かすも殺すも患者様の努力にかかっていると思います。筋肉が弱ってきたならば少しでも身体を動かして筋肉を強化する努力をして施術の効果が長く続くようにしてもらいたいです。

だから貯筋をして下さい。将来の自分の為にも今からでも遅くはありません。

その貯筋は高齢になった時に自分自身を支え守ってくれる筋肉のコルセットになってくれると僕は思いました。

もちろん貯金も大事ですよ!

身体の不調、お悩みなどある方は北九州市八幡西区にあるくわはら和合整体にご相談下さい!

筋肉の柔軟性

こんにちは、北九州市八幡西区くわはら和合整体の院長の桒原です。

久し振りにブログを更新いたします。

三月も下旬になり外気温もだいぶ温かくなってきました。

今年もツバメが帰ってきて賑やかな声が心を癒されます。


今日は筋肉についてお話をしたいと思います。

腰痛や膝痛などの不調に対するには筋肉をつけて負担を無くしていくといわれます。

これは凄く大事な事で理にかなっていると思いますが、より不調の無い身体を作るには更に筋肉の柔軟性が求められます。

以前もお話ししましたが坐骨神経痛などの不調に悩まされている方の特徴の一つに身体が硬い、イコール筋肉の硬いケースが多々見られます。

筋肉が硬いという事は血流も悪く柔軟性が無く神経を狭窄してしまって坐骨神経痛のような症状がでやすくなっていると思われます。


このようなことから筋肉があれば大丈夫と思っている方でも筋肉に柔軟性が無ければ不調が出たり、スポーツなどされる方は怪我をしやすかったりします。

例えば最近来院された患者様で130キロのベンチプレスを持ち上げた時に大胸筋付近の筋肉の断裂をしてしまったというお話を聞きました。

運動をされる方ならなおさら筋肉に柔軟性をつけていかなければならないと思います。

柔軟性のある筋肉を身につける為にはまずストレッチです。筋肉トレーニングも必要ですが同じくらいに筋肉のストレッチは大事だと僕は思います。

スポーツ選手だと筋肉に柔軟性がつく事で全身の血流も良くなりパフォーマンスも上がり良い結果がだせる最高条件だと思います。

スポーツ選手に限らず、今現在慢性の腰痛などで悩まれている方は筋肉をつけつつストレッチを無理なく少しずつしていき柔軟性のある筋肉を身につける事により不調が軽減されていくものだと僕はおもいます。

当院は患者様の不調に応じてストレッチ指導もしております。ストレッチに興味のある方、不調にお悩みの方、くわはら和合整体院にご相談下さい。

慢性的な腰痛

こんばんは、北九州八幡西区にあるくわはら和合整体院長の桒原です。


寒い日々が続きますね肩こりや首痛、ぎっくり腰で悩まれてる方はいませんか?


今日は慢性的な腰痛の方の特徴の一つの歪みについておはなししたいと思います。


当院にも慢性的な腰痛で来院されてる方がおられますが、その腰痛の原因の一つに大腰筋の緊張が多くみられます。

大腰筋とは胸椎、腰椎から大腿骨の小転子までの筋肉の事で、この筋肉の左右のどちらかが極度に緊張してるケースが多々見られます。

これらの緊張は日常の生活の中でなんらかの癖がありそれが原因で緊張するという場合があります。

例えば座ってる状態の時に左右どちらかに重心をのせて座っているという癖がある人、このような人が長時間車の運転をされたり、デスクワークで仕事中はほぼ座ってる状態が続けば十分歪みの原因となります。

そしてこの歪みが癖になりますと大腰筋の左右のバランスが崩れて慢性的な腰痛やその他の不調に繋がったりします。

当院もここ最近の慢性的な腰痛の方で左右どちらかの大腰筋が極度に緊張してる方がおられまして施術で大腰筋を緩めて緊張をとるだけで施術後に腰痛が無くなったというケースがありました。

このように腰痛と大腰筋の関係はかなり深いものだと僕は思っています。だから慢性的な腰痛だけでは無くぎっくり腰で来院される方も大腰筋の施術は大事だと思っています。


皆様の座っている状態はどうですか、左右均等に体重は乘っていますか?


身体の不調で悩まれている方、くわはら和合整体院にいつでもご相談下さい。

ぎっくり腰で来院のはずが

こんにちは北九州市八幡西区くわはら和合整体院院長の桒原です。

早いものでもう年が明けて一か月がたちました。

今日はぎっくり腰で年末に来院した患者様の事でお話し致します。

この患者様は80代の女性の方で年末にぎっくり腰になったと言われて来院されました。

当初歩行も困難で付き添いの方と来られて話を聞いてみれば年末に物を取ろうとして台から落ちて尻もちをついたようなんです。
その時の痛みから一週間くらい寝たきりで生活していたら腰が段々と痛くなり起き上がりや歩行にまで支障が出るようになったそうなんです。

整形外科で診察を受けるも骨は異常なしと言われ痛み止めの薬を出されたようですがこれがまた効かないらしく当院をホームページでみかけて来院されました。

痛みは当初腰椎の四番、五番くらいの左側にあり、最初の施術で筋肉の緊張をとり、施術後には左側の腰の痛みがほぼ無くなっていて立ち上がりや歩行も楽になり喜ばれました

自分的にはぎっくり腰では無く、台から落ちた時の痛みを庇って生活していたから出来た身体の歪みからか、一週間寝込んでて筋肉が弱ったのが原因で左の腰に痛みが出たものと思いました。

しかし施術の後半から腰の右側に違和感があると言いわれましたから、じゃあ近いうちにもう一度施術を受けに来てくださいと伝え初日を終えました。

そして三日後来院された時には右側の痛みが強く坐骨神経痛のような症状がでていました。

この痛みが全くとれず僕は悩みました、仙腸関節から臀部そして下肢にも痛みがあり普通の坐骨神経痛ならどこかに痛みの抜けるポイントがあるのですが、それが全くみつからず、これは整体でどうこうなる問題ではないと判断し整形外科に再度検査をしてもらうよう勧めました。

その日からしばらくたって、この患者様から電話が入りました。もう一度よく検査してみたら仙骨が台から落ちて尻もちをついた時に骨折しておりそれが原因で現在入院しつつリハビリをしているとの事でした。

その患者様に「はじめ行った整形外科が骨折を見つけてくれてればあんな辛い思いする事無かったのに」と言われ

さらに「骨折してたから先生がどんだけ頑張っても治らなかったはずですね、退院したら定期的にメンテナンスで通っていいですか?」といわれたので勿論お待ちしておりますと伝えました。

この仕事をしていれば誰もがぶつかる治らないという悩み、僕達は神様じゃないのでどんな症状でも必ず治せるとは限りません、そこをどう見抜いて患者様の為に一番良い選択を進めてあげるのかが一番大事だと今回改めて思いました。

今現在不調で悩まれてる方、一度くわはら和合整体院に相談してみて下さい。

くわはら和合整体院
〒807-0085
福岡県北九州市
八幡西区塔野1-4-7
TEL: 093-616-0185
[営業時間]
9:00~13:00
14:00~20:00
[定休日]
不定休

Side Menu

モバイルサイト

くわはら和合整体院スマホサイトQRコード

くわはら和合整体院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!